SSブログ

魂の存在、輪廻転生を量子力学が証明しつつある [IT・技術・科学]

科学者が「死後の世界」とか「魂」についてへたに言及すると
立場を失いかねないが、量子力学の分野では、
「魂の不滅」が常識になりつつあるようだ。

soul.jpg


<スポンサードリンク>



世界的に評価の高い何人かの科学者が、
「意識は肉体の死後も残り続ける」と言っている。

意識とは何かはまだ不明としつつも、例えば
アリゾナ大学のスチュアート・ハマーモフ教授はこう考えている。
意識とは単に量子レベルで保存された情報だ。


イギリスの物理学者ロジャー・ペンローズ卿は、
ヒトの細胞の構成要素であるタンパク質ベースの微小管が、
原子レベル以下で保存された量子情報を運んでいるという
証拠を見つけたそうだ。

bishokan.jpg
By MesserWoland および Szczepan1990, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1279365


ロジャー卿によると、人が死にかけると、
この量子情報が微小管から宇宙に放出される。

そこで、もし蘇生すると、量子情報は微小管に戻り、
臨死体験を生み出す。

しかし、蘇生はならずに死亡すると、
この量子情報は体外に、恐らく永遠に、
魂として存在する可能性がある、と述べているのだ。

つまり、肉体は滅びても魂は永遠だと言うことだ。


ゲッティンゲンのマックスプランク生物物理学研究所の
クリスチャン・ヘルヴィグ博士はこう言う。

私たちの思考、意志、意識、感情は、霊的特性ともいえる性質を示しており、
自然界の基本の力である重力、電磁力などとの
直接相互作用は霊的には検知されない。

その一方で、これらの霊的特性は、量子世界における
非常に不可思議な諸現象を際立たせる特性に
まさに対応しています。


量子力学は、従来の科学と宗教や精神世界との
橋渡しをすべく発展しつつあるように思える。


ref) ExpressTOCANA


天外伺朗 (著)
ここまで来た「あの世」の科学
―魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する
ジム・アル-カリーリ (著)
量子力学で生命の謎を解く



<関連記事>
死後の世界を垣間見た世界的脳神経外科医が「世界の何だコレ!?ミステリー」に登場
1年間も昏睡状態で3906年の未来に行ってきた男の本がヒット
知識や技能を電気信号で脳にアップロードできる!?


<スポンサードリンク>




タグ: 量子力学
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。