SSブログ

トランプ大統領が宇宙人来訪を公認する!? [宇宙・文明]

多くのUFOファンは、2016年のアメリカ大統領選の結果を
政治とは離れたところで残念がった。

それは、クリントン候補が、こんな発言をしていたからだ。
私はUFOの真相を究明したい。
(大統領就任の暁には)エリア51への専門調査団を結成できると思います。


そこへ、違う話が出てきたようだ。

DisclosureActivities.jpg
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



トランプ大統領は、良くも悪くも自由。
勝手放題(?)ツイッターでしゃべりまくり、
共和党内も含めて、大きな支持母体が存在しない。

そのキャラクターを見越して、ある組織が
UFO・宇宙人情報を公開するよう迫っている。
禁断の真実を自由奔放なトランプ大統領なら公表するかも、と。

それが、「The Disclosure Activists」という組織だ。



たとえ宇宙人の存在が人類の脅威となり得ることであったとしても、
我々の叡智の“進化”のためにはすべてが公にされなければならない。

として、各国政府と国連に“禁断の真実”の開示を要求している。

米ソ冷戦の終結から26年を経た今、もはやいかなる国家、組織、メディアも、我々が宇宙でひとりぼっちではないという真実を隠し通すことはできません。
反重力システムとフリーエネルギーの情報開示も含まれます。


大資本や石油メジャー等は、化石燃料の利権で
まだまだ儲けたいため、宇宙人やフリーエネルギーの情報を
封じ込めていると言われる。

しかし、どうがんばっても、これだけインターネットやSNSが
普及すれば、全部を隠し通すことは不可能で、
ニセ情報を混ぜ込んでごまかそうともしている。

「それは、フェイクニュースだ」と、フェイクもどき発言を
繰り返す大統領だが、何とか口を滑らせてはくれないだろうか!?

ref) The Disclosure ActivistsTOCANA


上記の話とは別に、10年近く前に出た本だが、
最近読んだこちらの本には、多くの地球や太陽系に
関する真実が述べられていて参考になった。

トンデモ本とは言わずに、できたら一読願いたい。

・磁気エネルギーの活用が不可欠
・地球は核エネルギーの誤用で何度も滅びている
・ニュートン物理学で言う重力は存在しない
・太陽系の外側の惑星は、太陽から遠くても寒くない
・地球人は他のいくつかの惑星から入植してきた
・アストラル界と物理的次元
・多くの歴代大統領は宇宙人と会見してきた
などなど

オムネク オネク著
私はアセンションした惑星からきた
―金星人オムネク・オネクのメッセージ



<関連記事>
「宇宙人は既に来ている」ヒラリー・クリントンの爆弾発言と公約!
ロズウェル・ロックとミステリーサークルの奇妙な符合


<スポンサードリンク>



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。